社協のお仕事

在宅福祉事業

おたっしゃの会

町内のひとりぐらし高齢者がお互いに交流を深め、孤独感の緩和を図ることを目的に開催。

対象者
65歳以上の一人暮らしの方
内 容
会食、レクリエーションなど
料 金
一人500円

SUN笑会

障がいのある人もない人も共に暮らし、同等に活動できる社会の実現を目的に開催。

対象者
町内在住の障がい者(身体、知的、精神)
障がい者の活動を支援する方
内 容
会食、レクリエーションなど
料 金
一人600円

配食サービス

ボランティアがお弁当をお届けし、対象者の安否確認と食生活の支援を目的に実施。

対象者
65歳以上のひとり暮らし世帯の方
家族全員が70歳以上の世帯の方
日中、障がい者だけになる世帯の障がい者
料 金
1食300円
日 程
今年度の予定表(PDF)

福祉車両の無料貸出事業

医療機関への通院や入・退院等に際し、一般のセダン型車両では移動が困難な方の家族等に対して、社会福祉協議会が所有する車いす対応の福祉車両を無料で貸し出しています。

対象者
外出支援サービスに同じ
利用時間
車両に空きがあればいつでも利用可
料 金
無料。(但し、燃料を満タンにし返却いただきます。)
利用方法
利用者登録→予約→利用→返却
その他
車両貸出の場合は、運転手の斡旋は行いません。

外出支援サービス(道路運送法第79条に基づく福祉有償運送事業)

車いす・ストレッチャー対応の車両で要介護認定を受けた方や重度の身体障害者の方などに医療機関への送迎や買い物等の外出支援をボランティアの運転で行います。

対象者
町内に居住し、移動に車いす等を使用しているため、一般の公共交通機関を利用することが困難な方でケア会議で必要と認められた方
利用目的
通院、入退院、買い物、観光等。
※転院への利用はできません。
利用時間
月曜日~金曜日(土日祝祭日、年末年始は休み)
午前9時~午後4時30分
※町外の医療機関へ通院する場合は、治療等を午前中
料 金
区域 使用料 介助ボランティア その他
町内 基本料金1,000円+
走行距離1Kmあたり30円
1,000円 有料道路、有料駐車場の利用料は利用者負担
町外 基本料金2,000円+
走行距離1Kmあたり30円
1,000円
利用方法
1.利用者登録(様式第1号提出)
2.予約(利用希望日の5日前までに様式第2号確約書提出)
3.利用(利用する場合は、必ず介助者の同乗が必要です。介助者がいない場合は、介助ボランティアを斡旋します。)
4.料金支払い(帰所時精算)
 予約状況はこちらから確認できます。

家族介護者の集い

家族を在宅で介護にあたっている介護者の日頃の悩みや体験を交換し、交流を図るとともに、介護技術や在宅支援サービスの学習し、さらに日頃の介護疲れを癒し、心身ともにリフレッシュすることを目的に開催。

対象者
在宅で日々家族等の介護にあたっている介護者
内 容
介護に関する相談、情報交換など
参加費
無料

福祉用具の貸出事業

加齢や障がい、傷病等により福祉機器を必要とする方にベッドや車いすの貸出しを行います。

対象者
町内に居住し、介護保険非該当の方で用具を必要とする状態の方
手続き
申込書を提出し、即時または後日用具を貸し出します。
※用具の搬出、搬入は原則として借受側に行っていただきます。
料 金
無料

申込書はこちらからダウンロードできます。

チャイルドシート貸出事業
対象者
町内に居住し、用具を必要とする方。
期 間
6ヵ月以内
料 金
無料。但し、チャイルドシートについてはクリーニングを行ったものを返却して下さい。

申込書はこちらからダウンロードできます。

エンゼル事業

新生児誕生のお祝いとして療育する保護者に対し、紙おむつ引換券(以降「給付券」という。)を贈呈します。

対象者
町内に住所があり、新生児を療育する保護者。
内 容
町内の指定された場所に社協職員が訪問し、給付券(@2,000円×10枚)を交付します。交付の際にお知らせする指定店で給付券と引き換えに紙おむつを購入することができます。但し、この給付券は乳幼児用紙おむつ以外の商品とは引き換えできません。

地域福祉事業

小地域見守りネットワーク

この事業は、ひとり暮らしや寝たきりの老人世帯・障がい者世帯などが地域の中で孤立することなく、安心して暮らせるよう、地域住民が協働して行う見守り・助け合い活動です。また、この活動に併せて、緊急時にすぐに連絡でき、適切な対応ができるよう、緊急連絡先やかかりつけ医などの情報が記入できる「緊急連絡カード」の配布(希望者)を行います。

生活困窮者自立相談支援事業

経済的困窮状態にある方が困窮状態から早期に脱却することを支援するための新たな制度として、「生活困窮者自立支援法」が平成27年4月1日から施行されました。
盛岡広域振興局では生活困窮者自立支援事業を岩手県社会福祉協議会に委託し、「いわて県央生活相談室」を開設しました。
葛巻町ほか盛岡広域振興局管内の4町を対象に、生活・就労・福祉などの問題解決に向けて関係機関と連携しながら専門の相談員が一緒に取り組んでいます。
次のような悩みごとがありましたらお気軽にご相談ください。ご家族など周りの方からの相談でも受付いたします。

ほかにも…
食べ物の提供も
行っています。

○問合せ先
《葛巻町相談窓口》
または、
《いわて県央生活支援相談室》岩手県社会福祉協議会

受付時間
8:30~17:15(月~金)祝祭日を除く
TEL
019-637-4473
FAX
019-637-9722
メール
i-psc@iwate-shakyo.or.jp

窓口に来られない場合には相談員が訪問することもできます。

日常生活自立支援事業

普段生活をしていて判断に不安を感じることのある方が、地域で安心して生活できるように、福祉サービスの利用手続き、金銭管理などをお手伝い(援助)する事業です。

対象者
日常生活上の判断に不安のある方。
例)認知症高齢者や知的障がい・精神障がいのある方
内 容
・福祉サービスの利用援助
 福祉サービスに関する手続きの援助、利用料の支払い
・日常的金銭管理
 日常的な生活費に要する預貯金の払い戻しや、医療費、公共料金、家賃、地代、
 税金などの支払い
・書類等の預りサービス
 普通預金通帳、定期預金通帳、不動産権利書、契約書、実印、印鑑、
 印鑑登録カード、マイナンバーカード
・利用料
 おおむね1時間につき1,300円(生活保護を受けておられる方は無料。)

ふれあいサロン「やすみっこ」

この事業は、地域住民による自主的な活動として、住民ボランティアの協力により、地域に暮らす全住民を対象に、会食や語らい、レクリエーションなどを通じて気軽に集える場所づくりを推進する事業です。
 社協ではサロンの運営を支援します。また、サロンへの助成も行っていますのでお気軽にお問合せください。

心配ごと相談

 町民のみなさんの「心配ごと」や「困りごと」について無料で相談に応じています。
 相談内容は守られますので、遠慮なくご利用下さい。

相談内容
相続問題、家族問題、財産問題、サラ金問題、人権問題など心配ごと、悩みごとなどに相談員が問題解決のアドバイスを行います。
場 所
葛巻町保健センター
時 間
午前9時~正午
日 程

こちらからご確認ください (PDF)

いきいきシルバー交流センター

・いきいきシルバー交流センターとは

相談内容は守られますので、遠慮なくご利用下さい。町内に住んでいる健康な高齢者が、知識・経験・技能を生かして、人手不足でお困りの方からの要請によって仕事をし、社会に参画することをお手伝いするものです。

・いきいきシルバー交流センターのしくみ

いきいきシルバー交流センターのしくみ

・会員登録を希望される方は

町内に在住のおおむね55歳以上の健康で働く意欲があり、センターの目的に賛同される人は、どなたでも入会できます。

・仕事の発注にあたって

「仕事を頼みたい」「どんな仕事を頼めるかを知りたい」など、まずはお気軽に「葛巻町いきいきシルバー交流センター」にお問い合わせください。
いきいきシルバー交流センター就業標準単価表
職 種 頼んだ人が
払う料金
時間給(円)
仕事をした人が
受け取る料金
時間給(円)
備 考
大工 1,050円 1,000円 工具類損料含む
材料費別
庭木の手入れ 1,050円 1,000円 工具類損料含む
草取り 630円 600円
草刈り 1,050円 1,000円 草刈り機
燃料費含む
清 掃 630円 600円 ガラス拭き
部屋の片付け
介護保険該当外
除 雪 1,050円 1,000円 屋根は除く
職 種 1枚の単価(円) 仕事をした人が
受け取る料金(円)
1枚の単価
備 考

 
襖 張 り 1,050円 1,000円 一面(両面は倍)
紙代別
障子(欄間) 157円 150円 紙代別
障子(普通) 630円 600円 紙代別
障子(雪見) 735円 700円 紙代別

《会員の皆さまへ》

・上記の単価表(太枠)の金額は、事務費として5%が含まれたものです。

《発注者の皆さまへ》

・仕事が完了次第、当センターより代金をご請求致します。
その他の職種の単価については、作業内容をご相談の上、その都度決めることとします

お気軽にお申し付けください。

町立児童館の経営

 葛巻町社協では、町から指定管理者指定を受けて次の児童館を運営しています。利用をご希望の方、詳しく知りたい方は直接連絡してください。

  吉ヶ沢 冬 部
対象者 概ね3歳~小学6年生
利用時間 8:30 〜 17:30 8:30 〜 16:00
利用料 幼児 4,500円 3,000円
学童 2,500円 2,500円
問い合わせ 葛巻町葛巻43-34-1
66-0443
葛巻町田部字境の沢52-20
66-1585

すずらん工房の経営
設置運営 社会福祉法人 葛巻町社会福祉協議会
事業所 名称 すずらん工房(スズランコウボウ)
番号 (0312115140)
サービスの種類 就労継続支援B型
所在地 〒028-5402 岩手県岩手郡葛巻町葛巻第20地割18番地4
連絡先 TEL (0195)66-2863、FAX (0195)66-2872
指定 年月日 平成23年4月1日
機関 岩手県
利 用 者 定員 15名
対象 身体障害・知的障害・精神障害
営業日・時間 祝祭日を除く、月曜から金曜日。午前8時30分~午後5時15分
サービス提供時間等 午前9時~午後3時30分
主な作業 食品関係 コーヒー事業 挽きたてコーヒー販売(1杯100円)週2日
パウンドケーキ販売(1個150円)
夏季限定・コーヒーゼリー販売(1個100円)
焼き鳥事業 炭火焼き鳥「すずらん亭」で製造・販売(週1日)
(ネギま・レバー・砂肝1本100円、皮50円など)
縫製関係 縫製事業 各種ソバ殻枕の製造(1,150円、850円、600円)
園児スモックの製造(1,200円)
受託関係 浴室管理事業 町老人福祉センターの浴室の受付・清掃
トイレ清掃事業 公園トイレの清掃(4月~12月・週4日)
草取り事業 老人福祉施設、町役場の草取り(4月~10月)
一日の流れ
9:30 朝礼
9:40 午前の作業①
11:00 休憩
11:10 午前の作業②
12:00 昼食・休憩
13:00 午後の作業①
14:00 休憩
14:10 午前の作業②
15:00 片付け
一週間の作業スケジュール
 
午前 風 呂 受付 清掃   受付 清掃
トイレ 清掃 清掃   清掃 清掃
焼き鳥     製造 清掃  
縫 製 製造 製造 製造 製造 製造
午後 コーヒー   販売     販売
焼き鳥   製造 販売    
縫 製 製造 製造 製造 製造 製造

資金貸付事業

生活福祉資金

 他からの融資を受けられない低所得世帯や障害者・高齢者世帯に対し資金の貸付と、民生委員及び社会福祉協議会が必要な援助指導を行うことにより、その経済的自立や生活意欲の助長促進を図り、安定した生活を送れるように支援することを目的に貸付を行なっています。
 詳しくは、「岩手県社会福祉協議会ホームページ」をご覧ください。

たすけあい金庫

 葛巻町社協では、災害、疾病、就業、出産その他急な出費でお困りの方へ次のとおり生活資金の貸し付けを行っております。
※税金の支払い、ローンの支払い、住宅改修を目的とした貸付は行っておりません。

貸付対象者
葛巻町に6か月以上在住している方。ただし、生活保護世帯の方は、振興局の同意が必要となります。
利   息
無利子。ただし、償還期限後理由もなく償還が遅延した場合、過怠金が発生します。
内   容
区 分 普通貸付 特別貸付
貸付上限額 30,000円 200,000円
保証人 不要。但し、過去に滞納歴がある方は、
必要となる場合があります。
必要
貸付期間 12ヵ月以内 24ヵ月以内
貸付までの流れ
社協事務局へ相談→地区の民生委員が意見書作成→内容の審査→貸付

共同募金運動

 「共同募金」は共同募金会という都道府県単位に組織されている団体によって行われている募金です。
 葛巻町では、葛巻町社会福祉協議会内に岩手県共同募金会葛巻町共同募金委員会を設置し、共同募金運動を推進しています。
「赤い羽根募金」は、この「共同募金」の愛称です。

 毎年、10月1日から全国一斉に『共同募金運動(赤い羽根共同募金)』が始まり、12月にはこれにあわせて『歳末たすけあい募金』が行われます。
ご寄付いただいた募金は、町内や県内のさまざまな社会福祉活動の支えとなり、みんなで助け合う住みよい地域づくり・だれもが安心して暮らせるまちづくりに役立てられています。
この運動の趣旨をご理解いただき、ぜひ、皆さまからのあたたかいお気持ちを共同募金にお寄せくださいますよう、よろしくお願いいたします。
詳しくは共同募金会のホームページをご覧ください。 


社会福祉法人岩手県共同募金会
はねっと

福祉団体への協力援助

・葛巻町共同募金委員会
・葛巻町民生児童委員協議会
・葛巻町老人クラブ連合会
・葛巻町身体障害者福祉協議会